Isilon スケールアウトNASストレージの利点

IsilonスケールアウトNASストレージは、Dellが開発したファイルストレージです。構造化されていないデータの管理に最適な造りとなっており、国内の市場においてもナンバーワンという高い評価を得ています。これから企業内のデジタル化を進めていきたいというときや、多くのユーザーから選ばれているデータ管理ツールを選びたいという時にオススメです。これまでのファイルストレージの多くは、管理すべきデータの量が多くなってしまうと性能が低下していくという難点がありました。

しかしこのIsilonスケールアウトNASストレージについてはそのような欠点を解消しており、扱うデータの量が大きくなればなるほど性能が向上していくというのが鍵です。なぜこのような特徴を備えているのかと言うと、ノード単位で容量を広げていくことができるからです。このIsilonスケールアウトNASストレージでは、ディスクアレイ装置をノードと名付けています。ここにCPUやメモリネットワークインターフェースなどが取り付けられており、追加すればするほど総合的な性能が向上していく仕組みです。

このように聞くとかなり大規模なシステム向けのサービスと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。最も小さい構成では三つのノードからスタートすることができ、イニシャルコストの削減にも貢献してくれます。データの量が増えた時には簡単にノードを増やすことができますから、拡張性に優れている点も大きなメリットです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.